自分よりも確実

金の蛇口

トイレなどの水回りが詰まったり水漏れしたりしたら自分で修理すれば一番安く済みます。トイレタンクから水が流れっぱなしになって止まらなくなったら、最初に止水栓を閉めて水を止めるようにします。そしてトイレタンクの蓋をあけて中のパッキンを取り替えると直ることがあります。パッキンは消耗品なので万が一のために用意しておくと便利です。パッキンは100円位で購入できます。 トイレの詰まりや浴室の排水口の詰まりはラバーカップ(すっぽん)を使用すればたいてい直ります。ラバーカップのお椀型になった部分をトイレや排水口にかぶせて数回上下すると詰まりの原因が取れて元通りになります。ラバーカップも100円ぐらいで手に入ります。

水まわりのトラブルは深刻になると専門の修理業者を呼ばないと直らない場合があります。修理業者によって作業料金が異なり、単なるトイレの詰まりでも10万円以上の費用を請求されることもあります。悪質な業者にひっかからないためにも、修理を依頼する前にある程度の相場を知っておくことをお勧めします。 トイレの詰まりや水漏れ修理はどんなに安くても2万円はかかります。基本料金に出張費、材料費、作業代金などがプラスされています。業者によっては6万円近くすることもあります。蛇口からの水漏れ修理は、単なる中のパッキンの交換程度なら5千円程度が相場です。また、キッチンのシンク下の水漏れなどは2万円以上かかることもあります。